オーディオで美しい音楽を流そう

素晴らしい音質を表現できる高性能なオーディオ

オーディオの音質を劇的に変化させる方法

所有しているオーディオシステムの音に不満を感じている人は、ちょっとした工夫をするだけで、お手持ちのシステムの音を飛躍的に向上させることができます。
人によって好きな音質には好みがありますが、一般的に良い音と言われているのはドンシャリです。
ドンシャリとは高音がキンキン・シャリシャリと鳴っていて、低音がズンズン・ドンドン響いている意味です。
高音が澄み渡り、低音が体を刺激するため音が良いと判断する人が多い音で、多くのアーティストもドンシャリ気味に曲をミックスしていて、若い人ほどドンシャリを好む傾向が見られます。
低音を強化するためにウーファーなどを設置するとお手軽にドンシャリの環境を整えられるのですが、一切お金をかけずにドンシャリの音質にしたい場合は、スピーカーやアンプに付いている音質調整つまみの低音ブーストを最大に設定すれば、低音が可能な限り強化されて低音が響き渡り、体の芯が震えるライブハウスの音が実現します。

少しの工夫でオーディオの音質を大幅アップ

現在使っているオーディオ設備の音質を、飛躍的にアップさせる方法を紹介します。
お金をかければ音が良くなるのは当たり前ですが、できるだけお金をかけずに音を向上させるのがポイントで、一人でできる簡単な工夫が多いのが特徴です。
基本は電源を見直すことで、プレーヤーやアンプをつないでいるコンセントの極性を確かめることが第一です。
コンセントには極性がああリ、プラスとマイナスがあるので、機器の極性に合わせてコンセントに差し込む方向も同じにしてやる必要があります。
安価な機器でも、極性を支持しているものがあるので、説明書をよく読んで極性がないか確認し、コンセントへの差し込み方向を確認し、極性があった場合は合わせます。
コンセントからのタコ足配線はできるだけ避けて、電源にノイズが混入することを防ぐのも大事で、独立した電源タップがあると電源の電圧が安定するので、お金をかけるとすればオーディオシステムの電源であることが基本です。

COPYRIGHT 2015 beautiful audio ALL RIGHT RESERVED