オーディオで美しい音楽を流そう

素晴らしい音質を表現できる高性能なオーディオ

オーディオシステムのノイズを大幅に低減させる方法

使用しているオーディオシステムからノイズが感じられる場合は、基本的な項目を確認して原因を探り雑音を遮断します。
雑音が発生するメカニズムはアナログ機器とデジタル機器でもほぼ同じで、システム内部の電源回路で起こるのが大多数です。
デジタルはすべての電気処理をゼロかイチで判断して処理していますが、プロセッサーで判断するまでの電気信号はアナログで流れているので、アナログ部分で雑音が生じている可能性が高く、電子回路や電子基板上で雑音が生じます。
アナログ機器も同様で、内部で雑音が生じやすいのは電気信号を増幅させる回路とアンプ部分で、増幅部分にクリーンな電気を贈ることができると発生する割合が小さくなり、他の機器に与える影響も必然的に下がります。
電子回路を安定させるには電源から安定した電気を供給すればよく、タップなどで一旦電気をクリーンにして、安定した電気供給を行なってやればオーディオ機器も安定してノイズも減少します。

オーディオノイズの発生源を特定するポイント

音楽を聞いていて不意に雑音が混入するのを感じる時は、いくつかの作業をしてノイズの原因を特定します。
雑音といっても種類が多く、雑音の音や発生源も多種多様で、素人にはわかりすらい部分ですが、基本事項を抑えて調査すれば、比較的に発生源を特定しやすいです。
オーディオは、コンセントから流れてくる電気を利用して電気信号をアンプリファイしています。
コンパクトディスクなどの表面に刻印されたデジタル信号をピックアップが読み込んで、デジタル信号をアナログ信号へと変換して、音楽として耳に届きます。
電気信号を変換する過程でノイズが混入することが多いため、雑音が聞き取れたらセッティングを変えます。
電気機器が近くに密接していると、電気機器から発生した高周波が近辺の電気機器に雑音を発生させるので、オーディオシステムで使用している機器はできるだけ離して、機器を安定させ振動を与えないように頑丈なラックの上にセッティングします。

check

留袖 レンタル

2017/9/8 更新

COPYRIGHT 2015 beautiful audio ALL RIGHT RESERVED