オーディオで美しい音楽を流そう

素晴らしい音質を表現できる高性能なオーディオ

素晴らしい音質を表現できる高性能なオーディオ

オーディオは安い製品と高い製品の性能の差が他の機器よりも大きい傾向があります。
安くて歪みがひどい製品で聞くとせっかくの素晴らしい音楽が台なしになってしまいます。
また、日々性能が進歩しているので、リーズナブルな値段で高い音質の型落ちしたものを購入できます。
また、スピーカーはオーディオで音楽を聞く時に音質に最も大きな影響を与える機器です。
いい音質で音楽を聞くために大きなスピーカーが備わっているオーディオを買ってしまう人がいますが、イメージしたように音が広がらなくて後悔してしまうケースがありがちです。
スピーカーのサイズが大きければ大きいほどいい音が聞けるわけではなく、サイズが小さい方がきれいな良い音を聞けることがあるので注意が必要です。
音の広がり感というものはぶれのない透明感のある音の広がりによって表現でき、スピーカーのサイズは小さい方が良いです。
また、ボリューム感が欲しい時は低い周波数によって表現できるので、できるだけ大きいサイズのものにするべきです。
同じ音を聴くという行為でも、何を重視するかで必要な装備は変わってきます。
また、近所に迷惑をかけないためにも、大きな音量で好きな音楽を思いっきり聞きたい時には、しっかりとした防音装置が設置してあるリスニングルームを用意した方がいいです。

オーディオの仕組みと選び方

オーディオとは音楽などの音を録音し、再生する装置のことです。
通常それはプレイヤー、アンプ、スピーカーという3つの部分で構成されています。
プレイヤーが音声信号を発し、アンプがそれを増幅してスピーカーが音として再生するというわけです。
そのため、良質な音を得ようと思えばスピーカーに予算を割くのが一番の早道ということになります。
いくらプレイヤーが上等でも音を発生させる装置が劣悪では意味がないからです。
通常のスピーカーは、ひとつのユニットから音を出力するフルレンジか2つあるいは3つのユニットでそれを行う2way、3wayと呼ばれる3つのタイプに分かれています。
フルレンジは音が安定していて扱いやすい一方で、全音域をひとつのユニットから出しているために音の深みには欠ける傾向にあります。
一方、3wayは3つのユニットからそれぞれ違った音域の音が出せるので立体感のある音を楽しむことができます。
ただし、あまり近くで聞くと音のバラつきが気になってしまうのが難点です。
良い音を引き出すためにスピーカーの次に大切なのがアンプですが、これは個々の性能以上にプレイヤーやスピーカーとの相性が重要になってきます。
例えば、スピーカーの性能以上に音を増幅してしまうアンプだった場合、故障の原因になるのでバランスを考えて購入することが大切です。

Valuable information

UNTOUCHABLEは京都の三条でBROTHERSやBRIXTONやAPPLEBUMをセレクトする正規販売店です。

BRIXTON

ドローン空撮のプロ集団。東京の空撮会社です。

ドローン空撮

ゼロオフィスは賃貸事務所や賃貸オフィスとして使える物件を、すべて仲介手数料0円で紹介するお得な事務所検索サイトです。

貸事務所 三宮

トラック専門店だからできる高価買取!

中古トラック

建築現場や足場のガラス飛散やペンキの飛散を防止するメッシュネットやメッシュシートのクリーニングやメンテナンスのサービスを展開しております。

飛散防止 メッシュシート

お電話1本で当日対応、即日お伺い致します。

家財道具処分 大阪

オーダーメイドや名入れ印刷などのプリントも可能です。

紙袋の販売

2016/9/23 更新

COPYRIGHT 2015 beautiful audio ALL RIGHT RESERVED